ホテル山上プログ メイン写真

2012年4月15日

ワークショップ

2012年4月15日


今週末は、ACAC(国際芸術センター青森)のワークショップに行ってきました。現在滞在制作をしている淺井裕介さんのワークショップです。

14日(土)は小麦粉窓絵のワークショップでした。

ワークショップの冒頭に、これまでの作品の説明がありとても解りやすかったです。

土を絵の具にした作品は知っていましたが、それ以外にも、色んな物を絵の具として絵を描いている方なんだなと思いました。

と言う訳で、土曜日は小麦粉で絵を描いてました。何か特別な小麦粉と言う訳ではなく、皆さんも知っている普段から料理に使うあの小麦粉です。

小麦粉を振るいにかけて細かくします。それに水を加えてゆきちょうどいい固さにします。何となく天ぷらの泥を作っているみたいでした。

淺井さんの指示の元、他の参加者と一緒に作業を進め完成させました。

15日(日)は、午前中Auga(アウガ)の空きスペースで、マスキングプランというワークショップに参加しました。マスキングテープをある程度の形にして中に絵を描いて行きます。鳥と葉っぱの絵を整形したマスキングテープに描いて行きます。午後は、ACACに戻り、ギャラリーの入口部分を作りました。作ったというより、淺井さんからテーマが出され、それに沿って、一つ一つを参加者全員で仕上げ、その一つ一つを淺井さんが構成していきました。

この2日間で、ACACのギャラリーの窓とエントランス・アウガに、それらの作品が設置されました。



この後も、道路の白線に使う素材を使ったワークショップが4月22日 (日)「植物になった白線@ACAC」 というタイトルで、10時〜17時まで、ACACで開催されます。

これも前からやっている淺井さんのプロジェクトですが、こちらも楽しみにしています。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

最新の記事一覧

カレンダー

アーカイブ

Copyright(c) 2016 ホテル山上ブログ All Rights Reserved.