ホテル山上プログ メイン写真

カテゴリー:アートな話?

津軽の音・・・???

2014年2月27日

1959270_600421003368573_1983176666_n1972244_600421000035240_737000906_n

弘前って、市民が参加型?一体型のイベントを作るの上手いですね。

ミュージカルあり、ワークショップありの1日。弘前城築城当時の音楽と現代の音楽を融合したミュージカルが開催されるみたいです。



詳細は以下。

と  き:2014.3.30(日)15:00開演(14:30開場)

と こ ろ:弘前市文化会館大ホール(弘前市下白銀町19-4/0172-33-6571)

入 場 料:一般前売り 1,000円(当日券1,500円)・学生前売り500円(当日券1000円)・小学生以下 無料

くわしくは、いつものこと 津軽の音~今昔おとがたり~にて







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

シュプールを追いかけて・・・

2014年2月12日

201402

あの有名な現代美術家 中崎 透 先生の展覧会「シュプールを追いかけて」が先日オープンしました。

会場は国際芸樹センター青森(青森市合子沢字山崎152-6)です。

会期は、3月16日までです。

青森市の所蔵品とコラボレートした展覧会です。市で所蔵てしている古い雪道具、個人・企業の方からお借りしたスキー等がインスタレーションとして展示されています。

なかなか見応えのある展覧会です。

雪に疲れたら、覗いてみると今の道具がいかに便利になったか、改めて考えられる展覧会かと思います。

期間中、ワークショップ・トークイベントもあるみたいです。詳しくは、国際芸樹センター青森ウェブサイトでご確認ください。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

除雪ツール?

2014年1月14日

写真

年が明けみたら・・・あっと言う間に雪国な青森。例年に比べればまだいい方かな?

雪投げグッズは様々な北国青森。そんな中、ホテ山で新たな雪捨てグッズ発見です。



その名は・・・鍬「くわ」畑で使う道具です。



うまい事使うと、ツルハシよりも力が要らず、効率的に氷を砕く事が出来るらしいです。

・・・

使ってみましたが・・・速攻、鍬が曲がりました。

転用は正直難しいです。が、アイディアと道具次第では色々出来そうです。

使ってみましたが・・・速攻、鍬が曲がりました。

転用は正直難しいです。が、アイディアと道具次第では色々出来そうです。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

日本の民家っ!!!

2014年1月8日

pamphlet

先月から始まっていた・・・青森県立美術館の企画展のタイトルです。

まだスタッフは誰も行っていないですが、タイトルにびっくりです。「日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点」というのに。

説明を読むと高度経済成長期にさしかろうとしてた直前の日本、変わりつつある前をとらえた民家の様子を撮った写真家とその説明を当時の建築家がしているとい内容。のようです。

大きな変革時の前に、経済区が発展している様子はあるものの、人々の暮らしである家が注目されるというのは、珍しい事だと思います。

3月30日まで青森県立美術館で開催しているので、スタッフ一同観てみたい想いでいっぱいなので、行ってこようかと思っています。レビューは後日?







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

謎の施設と謎の文字・・・

2013年11月14日

ホテ山ブログ番外編@おいらせ町の謎の施設

ホテ山の食材や近辺のオススメの場所を勝手に紹介してるホテ山ブログですが、今回はあまりにも衝撃な事があり、そちらの内容をお送りいたします。



まずは、経緯から説明したいと思います。

青森が大好き過ぎて、青森にしょっちゅう通っている東京在住の ねこぜさんという方がいらっしゃいます。青森の人でも知らないような場所・人々を紹介している方で、その様子をブログ゜「ねこぜの東京⇔青森」に掲載しています。

毎回とても面白いので、スタッフ某も楽しみに拝見させていただいてるブログです。

そんなブログに驚きのタイトルが!!!



もはや解読不可能。キリストの墓を超えたおいらせ町のミステリースポット。



あそこより不思議な場所はないと思っていましたが・・・

本当に理解不能でした。まずは、ねこぜさんのブログ記事をご覧ください。

それ以来気になってしょうがないスタッフ某。他の方のブログやおいらせ町についても調べましたが、一切記述なし。気になりすぎて観光に行きたいとというACACに滞在中の某作家を引き連れ行ってきました。

P1050947
P1050949
P1050954
P1050943
P1050956
P1050953
P1050946
P1050948

ねこぜさんのブログでも拝見しましたが、相当おかしな場所です。理解できない事だらけ。パブリックアートなのか、ただの置物なのか?どう理解していいのか、解りません。

しばらく色々眺めていると、気になる説明が?

P1050950

中谷ダイアグラム・・・これだと思いましたが、何のヒントも得られませんでした・・・

P1050957
P1050959

その後も何かしら見つけては、ヒントがないか探し続け、やはりねこぜさんと同じ場所にたどり着きました。

P1050958

規則的に文字が並んでいる石盤・・・中谷ダイアグラム・・・情報を視覚化?

試しに縦軸に「あいうえお」、横軸に「あかさたな」をはめてみると・・・

P1050958_2

なんとなく当てはまる。

すぐ近くの謎の文字を改めて観てみると・・・

百石へようこそ・・・これだっ!!!とその場では、解読できたと思い、すっきり帰宅。

00000001

家に帰ってから再度文字盤と文字列を当てはめていくと・・・ももいしへようこ○はら?

人っぽい字が読めません。現場では、百石へようこそで解決だと思っていましたが・・・違ったようです。簡単には解決させてくれません。恐るべし、おいらせ町。

上段の象形文字が解明できれば、何とかなりそうです。

P1050958_3

半音を当てはめると、ぴったり8文字ですが、百石へよぅこはらになってしまいます。もう一つの文を読んでみます。

P1050945

どっちが上で、どっちが下か解りませんが、「ろほこんめほ」と「よなんつよし」と読めます。

前者は意味不明だとしても、よなん つよし・・・人名かと思って調べましたが、まったく出てきません。

ただ一つ確実に解ったのは・・・

P1050955

テキストMOMOで石・・・百石?



今回の調査で解った事。

・中谷ダイヤグラムと謎の石盤は何かしらの法則があり、ヒトグラムになっている。

・おいらせ町(旧百石町)地域包括支援センターいきいき館の建物と一緒に、謎のパブリックアートは作られた。

・謎のパブリックアートに関しては、住民も詳細を知らない。いきいき館が建ったと同時にそれらが出来た。



今回の調査で理解できなかった事

・敷地内にあるABUTU等のローマ字標記の意味。

中谷ダイヤグラムと石盤のヒトグラムの関係



今回は、完全解明とはなりませんでした。

いくつかのヒントを持ち帰ったので・・・その辺を中心に調べたいと思います。



おいらせ町地域包括支援センターいきいき館に関する情報を知っている方がいらっしゃいましたら、教えてたください。

まだまだ、謎が解けていないです、







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

Exchange-種を植える@ACAC

2013年10月29日

photo (2)

秋のアーティストレジデンス展Exchange-種を植えるが無事オープンしたようです。詳細は、ACACのウエブサイトで。

オープニングパーティーは、ホテ山をご指名いただいたので、会場とお料理を提供させていただきました。

写真は、今回参加されているアーティスト・ACAC館長、スタッフと関係のある方々です。参加アーティスト リンダさんの姿がないですが・・・

photo (3)
photo (4)
photo (5)

旬のお刺身をメインに、鮭はグラタン風に・・・揚げ物は旬の野菜と、いつもの鶏の唐揚げ。これに生姜味噌おでんをつけて、温かさと青森っぽさを追加してみした。

そんな事はさておき、終止会場が盛り上がっていた事が良かったと思います。



この日、泊まったお客様は・・・ゼロです。

実は、ホテ山・・・宴会のみプランも承っております。少人数〜20名程度まで。+の宿泊割引も・・・



ACACの秋のアーティストレジデンス展もお見逃しなく。

こちらは無料で、季節も良いので展覧会含め、楽しめると思います。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

今週末から3週連続でっ!!!

2013年10月3日

bg_mainimg

あおもりっていいなぁTV放映っ!ATVで11:00〜

放映日は、今週末10月5日(土)・12日(土)・19(土)、南部編・下北編・津軽編の全3回。

青森県庁が主催で作っている映像なので、オススメの店や観光地は、真面目に取り組んでいる多少マニアックな場所もあります。

全部は見てないですが、映像・写真がとても美しい番組です。県内の大きな3地方を旨い事紹介した番組になって青森の魅力がわかる番組になっていると思います。

青森県内に二台しかないというシネマカメラを中心に穫った映像も凄い要ですが、ナレーションの地元勢な声も素敵な番組になると思います。

体験できる番組、あおもりっていいなぁ、は今週末の放映です。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

ゼ0ダテ

2013年9月27日

P1050881

お隣は秋田県大館市で開催されているゼ0ダテ(ゼロダテ)美術展2013のパンフレットが届いていました。

会期は2013年10月4日(金)〜27日(日)10:00〜18:00

メイン会場は、秋田県大館市の中心市街地空店舗。一般参加あり、レジデンス(滞在制作した)作家の展示、招聘作家の展示もあり、映画フェスもあるようです。

別会場では、根子フェス(パフォーミングアーツ)、赤湯フェス(野外コンサート)も行われる見たいです。

詳しくは、ゼ0ダテ公式ウェブサイトをご覧ください。http://www.zero-date.org/



何故ホテ山が、ゼ0ダテを推すのか?青森からも比較的近い街じゅうを使った展覧会で、アートファンに限らず、町歩きを楽しめるからです。

青森から秋田県というと遠そうなイメージがありますが、大館までの道のりは、高速を使わなくても青森〜弘前1時間、弘前〜大館1時間の道のりです。ちょっとしたドライブがてらにもいい街です。

それと、どういう訳か、チラシが届くので、紹介したくなってしまいます。今年のチラシも中々かっこいいですねぇ・・・







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

Feel The Roots 2013

2013年8月28日

縄文アートフェスティバル

イベント紹介する順番を間違えました(凹) + ホテ山の内容が無いという意見もありますが、青森市内のイベント告知です。明日辺りからホテ山な内容に戻しますが・・・



今週末は、Feel The Roots 2013 三内縄文アートフェスティバル開催です。

日時:2013年9月1日(日)

開演:12:00閉会:20:00

会場:青森県青森市三内字丸山「三内丸山遺跡」入場料:無料

ステージイベントを中心に、併催の縄文工房J-Factoryでは、クラフト、ワークショップ、飲食コーナー等が開催されます。

詳しくは、Feel The Roots 2013公式ウェブサイトをご覧ください。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

八甲田でお逢いしましょう2013

2013年8月27日

copy-2013header1000

9月7日〜8日は、八甲田ガレージ開催です。

映画、ライブ、アクティビティ、マームット、ワークショップ、グルメ屋台等、2日間数々の企画が用意されています。

涼しくなった青森、会場の八甲田山ローブウェー山麓駅付近はより快適に過ごせると思います。

参加したい企画が2日にまたがる場合、近くでキャンプなんてもいいですね?

秋の始めに行われる2日間の八甲田ガレージ。是非、足を運びたいと思います。

八甲田ガレージ公式ウェブサイトは、こちらから







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

最新の記事一覧

カレンダー

アーカイブ

Copyright(c) 2016 ホテル山上ブログ All Rights Reserved.