ホテル山上プログ メイン写真

2013年5月

警戒警備中。

2013年5月15日

P1040062

あっ、どうも久しぶりに登場したのは、総支配人Theo(テオ)とは僕の事です。って・・・久しぶりすぎやろっ!



僕の主な任務はホテ山の屋内警備とお客様をもてなす事みたいです。窓際の警備は以前も紹介しましたが、夜間警備もしています。

ねっ?写真の通りちゃんと夜間も警備してますよね?(写真だけでは伝わらないと思いますが・・・)



お客様が寝静まった後もちゃんと館内の警備をしています。

階段上がりきった辺りで、気になって振り返ってみましたが・・・いたのはスタッフ某でした。。。チッ!



そんなこんなで夜もちゃんと仕事してます。

なかなか会えないなんて言われていますが、ホテ山の夜の安全は僕が見守っています。皆さん安心してお泊まりください。皆様の寝息を聞きながら、そぉっと警備している総支配人Theo(テオ)でした。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

食彩ときわ館より

2013年5月14日

P1020611

青森市から弘前市に向かう国道7号線沿いに食彩ときわ館はあります。藤崎町常葉地区(旧常盤村)で穫れた新鮮な野菜等を売っている直売所です。野菜・卵・加工品や花などを売っている直売所です。青森市から近いという事もあり、ホテ山スタッフもたまに訪れている場所です。

今回訪れたスタッフが買ってきたのは、定番のアスパラに加え、エリンギ・ニンニクの芽を買ってきました。

アスパラはここの定番で太く味も濃く、非常に美味しかったです。

ニンニクの芽は、ホルモンと炒めていただきましたが、ニンニクの芽の香りがよく、こちらも美味しかったです。

・・・

エリンギ・・・?

食べた記憶がないですが、きっと何かしらの形でお客様に出されたのかと・・・

いずれも新鮮で美味しかったです(エリンギを覗く)

食彩ときわ館、お勧めの場所です。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

ホテ山の春物の!

2013年5月13日

DCIM0199

ホテ山の畑から、行者ニンニク(アイヌネギ)とニラが穫れました。日曜日でお客様もいなかったので、久しぶりにやりました、餃子祭。

畑で穫れた野菜に加えたのは、白菜・生姜とひき肉だけです。下味をつけたひき肉と刻んだ野菜をよく混ぜれば、中身は完成です。後は、ひたすら包むだけです。



ホットプレートで焼いて完成したのもが、写真の餃子です。野菜が多めで、行者ニンニク・ニラが香る一品が仕上がりました。

春の素材をふんだんに使った餃子は、美味しかったです。



少しだけ余ったタネで、ニラまんじゅう的なのも作りましたが、そちらもプルプルで美味しかったです。スタッフで話し合って作った即席のタレがまた美味しかったです。また機会があれば紹介したいと思います。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

緩募・・・?

2013年5月8日

P1030968

三瀬夏之介個展 「ぼくの神さま」展を開催中の国際芸術センター青森に、またも中崎透(芸術家)の姿がっ!

ここ数ヶ月、青森でチラホラ観かけるとは思っていましたが、「展覧会、つくらない?」という展覧会のリサーチにきていたようです。

数年前からACACの冬期展覧会でテーマにしている、青森市の所蔵作品を使った展覧会の招聘作家として呼ばれていたようです。今回は、そんな芸術家中崎先生を手助けする?一緒に展覧会を作るボランティアを募集しに来青されたようです。

冬の道具・遊びを主軸にした展覧会を企画するらしく、冬にまつわる道具・歴史的資料・歴史的人物を調査しているようです。展覧会自体は来年の2月頃とは思いますが、それまで情報提供者・展覧会を作るスタッフを募集しているみたいです。



詳しくは、国際芸術センター青森の展覧会、つくらない?をご覧ください。興味のある方は国際芸術センター青森に直接問い合わせてください。



今開催している、三瀬夏之介個展 「ぼくの神さま」展・・・正直、お勧めです。



十和田市現代美術館のFlowersも気になってますが・・・







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

驚きの一品!!!

2013年5月1日

DCIM0187

GW前半。青森では桜が一部咲いただけで、終了しましたね?後半の連休に期待したいと思います。中には10連休という方もいらっしゃるのでしょうね・・・うらやましい(ボソッ。。。

連休後半も若干お部屋は空いていたりするので、宿が決まっていない方は、是非。



さて、GW前半に行われた某宴会に参加したお客様からいただいた一品をいただきました。本生讃岐うどん「高松小町」!



・・・



激ウマでした!!!太い麺=こしと思っていましたが、青森で見る麺とさほど変わらない麺にも関わらず、こしがあり麺自体の味も美味しかったです。

調理スタッフ某が気づいたのは、麺もそうでしたが、付いてきた出汁でした。鰹(かつお)の風味が強く麺との相性が印象的だったと。うどんも去ることながら、良質な鰹節がつくられているということを実感しました。



スタッフの間では・・・ネットショップで買えないのか?という声もありました。もちろん、うどん県にはもっと美味しい麺が存在するとは思うのですが、今回いただいた麺が衝撃的だったので調べてみました。本生讃岐うどん「高松小町」。お勧めです。

そういえば、ポン酢も四国から取り寄せいてるホテ山です。行ったことはないですが、四国・・・気になりますね。

ご当地のものを身近で感じられたの嬉しかったです。何よりそれより・・・美味しかった。

日本の伝統的な食材の力にあらためて気づきました。

たまには少し離れた食材の話もできればと思います。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

最新の記事一覧

カレンダー

アーカイブ

Copyright(c) 2016 ホテル山上ブログ All Rights Reserved.