ホテル山上プログ メイン写真

2013年6月

ユッケ。

2013年6月10日

P1040586

材料は牛肉ではなくて、マグロです。マグロの刺身に一工夫でいつもと違ったマグロが味わえます。

冊のマグロの表面をバーナーであぶります。あ゛っ・・・別にそのままでも問題ないです。

冊のマグロをサイコロ状にマグロを切ります。

卵の黄身に、ごま油・ネギ・胡麻・塩・胡椒を加え、マグロと和えます。

・・・

以上です。後はいい感じの器に盛りつけてください。

食べる直前まで冷やしておくとより美味しい気がします。

少しだけ味を変えたいなと思った時にでもお試しあれ。いつもと少し違ったマグロが味わえます。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

お頭付きのぉ〜

2013年6月7日

DCIM0001

鯛!めでたい鯛!

なんてことはなく、先日の食道部のお魚メインで出されたものです。20cmくらいの小ぶりな鯛を仕入れたのでお出ししました。

塩焼きにして、一匹丸ごとお出ししました。

結果、何となくゴージャスな一皿になりました。小ぶりですけど。

こんなにめでたい事はなかったりしますが、ホテ山食道部では、お魚メイン・お肉メイン・小鉢・お新香・ご飯とみそ汁を600円で提供しています。

お近くにお寄りの際は是非。







ホテ山 食道部

青森市長島2-4-19

11:30くらいから(日替定食なくなり次第終了です。)

毛蟹の酢の物・・・

2013年6月6日

P1040562

どうした???調理スタッフ某・・・

夕方戻ってみると厨房には酢の物が・・・聞いてみると毛蟹使った酢の物を作ってみたとか?

詳細をさらに聞くと、菊を大根で巻いた酢の物を作ってみたところ・・・いまいち塩気が無かったので、中に冷凍していた毛蟹の身を使ったとか。



冷凍庫に毛蟹?

・・・なるほど。冷凍庫をチェックしたいと思います。

足りなかった酢の物の塩気を毛蟹で足す・・・新しい発想でしたが、味の濃い菊に毛蟹の風味と塩気、酢のさっぱり感で引き締まった一品になっていました。

塩気を調味料ではなく、外の食材で補う。

料理は深いですね・・・







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

伝統料理・・・?

2013年6月5日

P1040558

青森の津軽地方で子どもの頃から見ている料理、身欠きニシンの味噌和えと、キュウリ。味噌は和えずに身欠きニシンとキュウリをつけて食べる場合もありますが、ホテ山では身欠きニシンと味噌を和えています。(昔は味噌つけて食べてた記憶も・・・)

身欠きニシンそのものは硬く、漬け物にする際には、米の研ぎ汁につけて柔らかくする身欠きニシン。

身欠きニシンの味噌和えは、そんなに硬くなかったのは何故だ?

後日調理スタッフに聞いてみたいと思います。

味噌から香る大豆、身欠きニシンの香り、塩気を調整できるキュウリの歯ごたえと水分が、お酒を誘う味でした。

一昔前は、冬場の栄養食として、味噌和えや漬け物に使われていたんでしょうね。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

うららかなシーズン到来。

2013年6月4日

P1040505

すっかり春らしくなってきた青森、皆さんいかがお過ごしですか?総支配人のTheo(テオ)でございます。

寒いと丸くなって寝てないとやってられないのですが、最近温かくていい気候ですね。しかし、春眠暁を覚えずとはよく言ったものですね。ホント、眠いです。

スタッフ某と一緒に寝るにはもう暑すぎるので、最近はベットで一人で寝ています。それでも眠すぎて・・・監視用のベットでも寝ています。

いやいや・・・総支配人の仕事はちゃんとしてますよ。監視用の窓も開いていることですし。物音がすればす・・・zzz

お・・・起きてますよ。

山菜シーズン真っ只中、初夏手前の青森は過ごしやすくて、食べ物も美味しい季節ですよ。季節もじゃわめいでいる感じがします。



個人的には、猫用鰹節があれば大満足ですが・・・







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

山菜シーズンですが・・・

2013年6月3日

P1040497

ついにワラビが登場です。やはりこちらも2〜3週程度遅れての登場です。春先寒かったのが、山菜にも影響しているみたいですね。

灰汁を抜いて水で冷やしたワラビを、食べやすいサイズに切り、鰹節をかけます。お皿に盛ったワラビに鰹節をかけ、その上に酢・醤油・カラシ等で作ったタレをかけて完成です。

ワラビの苦みと鰹節の風味に、少しだけピリッとすっぱりタレが絡み、食感も良く美味しく食べられます。

これ以外にも、ワラビのおかず、保存食等に活用されます。津軽地方の郷土料理に使われるワラビ・・・今年も例年通り撮れる事を願います。

なかなか保存食に適した山菜はないので、ワラビ・フキ・タケノコ等は、ある程度の量が確保される事を願います。







ホテル山上

青森市古川3-16-9

TEL:017-723-1661

最新の記事一覧

カレンダー

アーカイブ

Copyright(c) 2016 ホテル山上ブログ All Rights Reserved.